独 立

【鳥越 万紀雄 / 5期生】自主制作レベルからフリーランスのプロ動画クリエイターに転身

卒業後にプロ動画クリエイターとして独立

僕はMOOCRES卒業後、映像制作のフリーランスとして独立して活動しております。 自分は撮影から編集まで一貫して行うビデオグラファースタイルで活動していて、基本的にはどこにも属さず、1人で活動しています。 元々は自主制作レベルで映像制作を行なっておりましたが、より本格的な映像表現をできるようになるべく、MOOCRESに通い始めました。

プロの技術を体系的に学ぶことができて、
同期の仲間と仕事の繋がりができた

MOOCRESに通って良かった点は大きく二つあります。

一つ目は編集の技術を体系的に学べること。
自主制作レベルで映像制作を行なっている人はたくさんいます。 機材も進化し、簡単に映像表現にアクセスできる今、数年前よりもさらに人口は増えていると思います。しかしながら、自主制作レベルでは技術的にも限界がきやすく、しっかりと「仕事」と言えるところまで表現を高められている人はあまり多くいない印象です。僕はMOOCRESで技術を学べたことにより、頭一歩抜け出ることができたと思っています。今人気のある業界だからこそ、しっかりした技術を身につけることは大切だと思います。

二つ目は、MOOCRES同期が仕事のつながりになったこと。
映像制作と言ってもいろんな技術の集合体なので、MOOCRESの同期はいろんな方向に才能を開花させていきました。僕のように撮影スタイルを得意とする者、AfterEffectsを得意とする者、仕事を取って来るのが得意な人など。 なので、それぞれの特技を活かして仕事を振り合えるような関係ができました。実際、僕にとって最初の大きな仕事は同期からいただいた仕事でした。
フリーランスを目指す人の最初にして最大の難関は最初の仕事を手にすること。実績がないと仕事が得られない。仕事がないから実績が作れない。そんな中、最初にしっかりとした仕事ができたことは、自分にとって大きな経験となりました。おかげさまでMOOCRES卒業後は仕事が途切れることはなく、フリーランスとして独立することができ、さらにはマイナビニュースといったメディアに取材いただける機会も得られるようになりました。
https://news.mynavi.jp/kikaku/20211013-2037339/

決して楽な道ではないが、
映像/動画制作は表現の幅は無限大で、何より楽しい!!

映像業界はますます人気になりますし、競争も激しくなると思います。また、覚えることも磨かなければいけない技術もたくさんあり、決して楽な道とは言えないです。ただ、それを押してでもやっぱりやっていて楽しい仕事ですし、既に興味をお持ちならきっと楽しめる素質があると僕は思います。
動画クリエイターを目指す方には、ぜひしっかりとした技術を習得して、ご自身の表現の幅を広げていってください!