代表的な動画編集テクニック3選~動画未経験者の方は東京・大阪のMOOCRESへ~

優れた動画を作るためには、撮影も重要ですが「編集」の技術がものを言うことが多いです。一口に動画編集の技術と言っても、様々なテクニックが存在し、それらを組み合わせることで魅力的な動画に仕上がります。そこで、東京・大阪で動画制作講座を開講しているMOOCRESが、動画制作未経験者に押さえてほしい、基本的な動画編集テクニックについて解説します。

スタンダードカット

スタンダードカット

「スタンダードカット」は、2つのクリップ(動画編集に利用される素材のこと)の最初と最後をつなぎ合わせる編集方法で、最も一般的な動画編集のテクニックです。

基本中の基本となるテクニックですので、使用する素材にもよりますが、あまりクリエイティブな効果は期待できません。しかし、一つの映画で9割以上はこのテクニックを使用しているとも言われていますので、動画制作未経験の方が動画編集の実力を磨いていくために、必ず必要なスキルの1つであることは間違いありません。

ジャンプカット

ジャンプカット

「ジャンプカット」とは、同じ構図とフレームにおいて、時間をジャンプ(スキップ)して時間の経過をコントロールするためのテクニックです。撮影した動画素材には、「不要な部分」が発生します。不要な素材が入り込んでしまった部分や、会話が続かなかったりした部分まで完成動画に含めてしまうと、動画時間だけが長くなります。

ジャンプカットを使用することで、必要な部分だけを切り取って動画に使用することができます。動画時間が無駄に長くなるのを避け、クオリティの高い、視聴者に満足してもらえる動画を作るためには、必ず必要になるテクニックです。

フェードイン・フェードアウト

フェードインはゆっくりと画像を表示させ、フェードアウトは逆にゆっくりと画像を消去していくテクニックになります。このテクニックの注意点は、「使いすぎると視聴者に不快感を与えかねない」ということです。時間経過や場面転換などでよく用いられているテクニックではあるのですが、多用すると食傷気味になってしまいます。本当に必要な場面だけに、使用することを心がけましょう。

動画制作のスキルを短期間で身につけたいのなら、動画制作専門の教室を利用するのが一番です。東京・大阪にお住まいで動画制作未経験でスキルを学びたいという方は、ぜひMOOCRESをご利用ください。

東京・大阪でMOOCRESが行う少人数制の超実践型講座を受ければ、動画制作未経験の方でも短期間で必要な技術を学べ、魅力的な動画制作を行えるようになります。動画制作のテクニックはもちろん、アフターエフェクト、クライアントの交渉方法など、クリエイターとして実際に仕事ができるようにあらゆるサポートを行います。

無料体験会も実施していますので、ご興味がある方はご連絡ください。

動画制作未経験の方は東京・大阪のMOOCRESでレッスンを

サイト名 動画クリエイター養成スクール ムークリ
住所
大阪
〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町3丁目6−2 中央会計セミナールーム
東京渋谷
〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目20−2 第一清水ビル 2階, 3階
co-ba jinnan内
URL https://moocres.com