動画制作の一般的な流れ~東京・大阪で動画制作レッスンを行うMOOCRES~

広告を中心に、注目を集めている「動画」。具体的にどういった流れで動画制作が行われているのか、知らない人も少なくないでしょう。そこで今回は、東京と大阪で動画制作講座を開講しているMOOCRESが、動画制作の一般的な流れについて解説します。

構成

構成

動画制作においては「元となる動画の撮影」と「撮影した動画を編集する工程」が基本となりますが、その大元となるのが「動画の構成」です。構成では、具体的に以下の内容を決めます。

  • ターゲットの選定(どんな人に向けた動画か考える)
  • 動画視聴の動機づけ(ターゲットとなる人に、なぜ動画を見てもらうのか、視聴する意味や価値の位置づけ)
  • メッセージの決定(視聴者に何を伝えたいのか)
  • 動画(撮影)のロケーション
  • 動画(撮影)の日取り
  • 動画(撮影)の時間

動画コンテンツの普及に伴い、「動画である」というだけでは差別化することはできなくなりました。いかに優れた動画を作れるかどうかは、まず、この構成の段階で内容をしっかりと決めることが重要になるのです。

撮影

撮影

構成がまとまったら、次は「撮影」です。昨今は、「フリー素材」が数多く登場しているとはいえ、構成で想定した通りの動画素材を得られるとは限りません。理想通りの動画を作りたいのであれば、自分で撮影を行うのが一番です。まずは「セッティング」です。必要な機材や出演者の配置を行います。

この時、必要な動画の内容やロケーションに従って、カメラのシャッタースピードや絞り、ホワイトバランスの設定を行います。

セッティングが完了したら、次に「テスト撮影」を行います。いかに完璧なセッティングができていたとしても、実際に撮影してみなければ詳しい内容まではわかりません。テスト撮影に問題が無ければ、いよいよ撮影本番となります。

編集

必要な素材が準備できたら、最後にその動画を編集して、見やすく面白い動画に仕上げます。編集する内容は、編集者の好みや動画のコンセプトによって異なりますが、基本的にはパソコンなどに撮影した動画素材を取り込み、動画編集ソフトを使って動画を編集します。編集ソフトでは、動画素材の必要な部分だけ切り取り、映像や音声などの効果を追加します。

動画撮影や編集をするには、高度な技術が要求されることもあります。魅力的な動画を作りたい方は、MOOCRESが行う動画制作レッスンに参加してみませんか?

東京・大阪にあるMOOCRESでは、短期間で即戦力となる次世代クリエイターを育成するために、少人数制の動画制作レッスンを行っています。講師からしっかりと学ぶ体制が整っていますので、経験者はもちろん、初心者の方も動画制作のノウハウを学ぶことができます。

動画編集の他にも、営業・集客術、クライアントの交渉方法などを指導していきますので、東京・大阪で動画制作レッスンを受けたい方はぜひお問い合わせください。

東京・大阪で動画制作レッスンを受けるならMOOCRESへ

サイト名 動画クリエイター養成スクール ムークリ
住所
大阪
〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町3丁目6−2 中央会計セミナールーム
東京渋谷
〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目20−2 第一清水ビル 2階, 3階
co-ba jinnan内
URL https://moocres.com