動画制作の際に考えたい「6W1H」について~MOOCRESには少人数講座あり~

動画制作をする上で重要となるのが「6W1H」です。「6W1H」の知識を深めた上で進めるようにしましょう。東京と大阪で少人数講座を開くMOOCRESでは、動画制作に関する知識が学べます。興味のある方はぜひお問い合わせください。

動画制作の目的をはっきりさせよう

動画制作の目的をはっきりさせよう

動画制作において重要なポイントの1つが「目的の明確化」です。製作した動画を誰に見て欲しいのか?視聴後に何をして欲しいのか?といった目的を明確にしなければ、魅力的な動画を作ることはできません。

例えば「女性向け化粧品のコマーシャル」を製作するとしましょう。ターゲットは女性で、目的は化粧品の存在を知って購入につなげたいということになります。目的から考えると、女性ウケするようなビジュアルで、さらに化粧品の良さをアピールできるような内容で考えなければいけません。

ところが、もし女性が見て不快に思うようなビジュアルに、化粧品に関心が持てない内容であったならどうでしょうか?動画制作をする上では、目的を明確にしなければ、求める結果は得られません。

目的を明確にするためには、「6W1H」で考えるといいでしょう。動画制作に関する少人数講座をお探しでしたら、MOOCRESをご利用ください。半年間で仕事に活かせるスキルが学べます。

「6W1H」とは?

「6W1H」とは?

動画制作の目的を明確にするためには「6W1H」を活用してみましょう。「6W1H」は、以下の英単語の頭文字で構成されています。

  • What(何を)
  • Who(誰が)
  • Why(なぜ)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Whom(誰に)
  • How(どのように)

動画制作においての「What」は、何を題材にするのかという観点から考えていきます。「Who」は、製作する動画が誰から発せられるメッセージなのかを明確にしていきましょう。「Why」なら動画を制作する動機を明確にする必要があり、「When」では製作する動画をどのようなタイミングで見てもらいたいのかについて考えていきます。

さらには「Where」、制作する動画をどこに公開するのか?「Whom」、誰をターゲットに発信するのか?これらについてしっかりと考えたなら、どのように動画を制作すればいいのか?という「How」の答えが自ずと見えてきます。

制作過程で迷った時は6Wを書き出そう

動画制作は多くの時間を要する分、途中で制作の目的を見失ってしまうこともあるでしょう。しかし、明確にした目的に沿って制作しなければ、求める結果は得られません。そんな時には「6W」を書き出してみましょう。6Wはその動画制作の目的を明確化したものですので、これを書き出すことで、イメージがしやすくなります。

動画制作においては、「6W1H」で目的を明確化させることが大切です。「6W1H」とは、What(何を)・Who(誰が)・Why(なぜ)・When(いつ)・Where(どこで)・Whom(誰に)・How(どのように)のことで、順を追って考えると動画制作で求めるゴールが明らかになります。

少人数講座で学べる動画制作のノウハウは、MOOCRESで提供しています。10名限定の講座は、社会人として働きながらの参加も可能です。ぜひご利用ください。

少人数講座を特徴とするMOOCRESで動画制作の知識を

サイト名 動画クリエイター養成スクール ムークリ
住所
大阪
〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町3丁目6−2 中央会計セミナールーム
東京渋谷
〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目20−2 第一清水ビル 2階, 3階
co-ba jinnan内
URL https://moocres.com