動画制作は「実践」が重要!~実践講座を開くMOOCRES~

動画制作について学ぶ際に必要となる記憶には2つのパターンがあります。東京と大阪で動画制作の実践講座を開くMOOCRESが、詳しく説明します。MOOCRESでは、社会人として働きながら学びたい方向けの講座をご用意しています。ぜひご参加ください。

記憶の種類

記憶の種類

動画制作では様々な知識やテクニックを必要としますが、それらをストックするのが「記憶」です。記憶には「知識記憶」と「経験記憶」という2つのタイプが存在します。

「知識記憶」は、知識や情報など、経験を伴わない記憶のことです。わかりやすく言えば、自動車教習における座学がこれに相当します。知識記憶は覚えるために努力や反復学習が必要となし、一度記憶しても忘れやすく、何らかのきっかけがないと思い出せないといった特徴があります。一方の「経験記憶」は、実地体験が関わるタイプの記憶です。

自動車教習で言えば実際に車を運転し技術を学ぶといった内容が相当します。知識記憶とは異なり、一度に記憶できる範囲が広く、忘れにくいという特徴があります。特に強い感情が伴う経験記憶は鮮明に覚えていることが多く、動画制作でしたら実践講座がこれに当たります。

実践型講習で技術力UP!

実践型講習で技術力UP!

動画制作には、ツールの使い方からテクニックまで、様々な知識が要求されます。これらは専用の書籍から学ぶこともできますが、これは先ほど触れた「知識記憶」に分類されます。

知識記憶は覚えるのに苦労する一方で忘れやすいという特徴があり、これから動画制作を本格的に進めていこうという方にとっては負担の大きな方法です。一方実践講座で動画制作の知識を学ぶ場合は、経験記憶として保存されますので、身に付きやすく効率がいいと言えます。

動画制作に必要な記憶は、知識記憶・経験記憶のどちらでも学ぶことはできます。しかし、覚える量が多い点と忘れては困る点を考慮すると、経験記憶に基づいた学習がベターな選択肢であると言えるのです。動画制作のスキルを学ぶのであれば、実践型講習を行っている教室を中心に探すといいでしょう。東京や大阪で超実践型の講習を行うMOOCRESでは、生徒を募集しています。興味のある方はお問い合わせください。

短期間でもしっかり学べる経験記憶に基づいた実践型講習こそ、動画制作スキルを身につけるのに最適であると言えます。

東京・大阪で講座を行っているMOOCRESでは、そんな実践型講習で動画制作スキルを提供している上、講義時間外はスクール生限定のグループチャットで無制限の質疑に対応しています。動画制作の実践講座をお探しの方は、ぜひご利用ください。

動画制作のノウハウは実践講座を開催するMOOCRESで

サイト名 動画クリエイター養成スクール ムークリ
住所
大阪
〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町3丁目6−2 中央会計セミナールーム
東京渋谷
〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目20−2 第一清水ビル 2階, 3階
co-ba jinnan内
URL https://moocres.com