動画の力でクラシック音楽界に革命を

STUDENT DATA
未経験からマスターコースを受講
超実践型動画クリエイター養成サロンMOOCRESの2期生の最年長メンバー。クラシック音楽のプロデューサーである今田さんに、MOOCRESに参加したきっかけから動画スキルを用いた『これから』についてお伺いしました。

今田さん本日はお時間いただきありがとうございます。
改めまして、自己紹介をお願いいたします。

▼今田さん:クラシック音楽のプロデュース業をしております今田徹也と申します。

今回2期生として入ったいただいたのですが、MOOCRESを知ったきっかけを教えていただけますか。

▼今田さん:そうですね、キッカケはヨビさんのツイッターを見てMOOCRESを知りました。

なるほど、僕のツイッターは元々フォローしてくださっていた感じですか?

▼今田さん:えーっとどうでしたかね、多分動画のことを気になってからという感じですかね。

なるほど、動画を学ぼうと思った経緯を教えていただけますか?

▼今田さん:仕事上でこれから動画が必要だろうなと考えていたことと、仕事の中ですでに映像制作の発注を受けてしまっていた状況もあったっていうのがありますね。

必要性を感じて学ばないとと思っていた時にMOOCRESが出てきたということですね。

▼今田さん:そうですね。

僕たちもちょうど1年前にスタートしたのですが、何かMOOCRESで学ぶにあたっての不安要素とかはありましたか?

▼今田さん:不安は全く感じなかったですね。新しい取り組みを始めようとされているという雰囲気と強い意志を感じていたので、この人たちならちゃんとするだろうという思いの方が強かったですね。

いやー、嬉しいですね。

▼今田さん:ヨビさんがヨーロッパに行ってた時の活動とかを、しっかりリアルタイムで発信していったりしているのをみていたので、信頼もしていましたね。

めちゃめちゃ持ち上げてくださるじゃないですか(笑)
それでいうなら、MOOCRESでは面談の際に2、3日後に面談の結果をいいますと伝えさせてもらっていますけれども、今田さんが来られた時はもう終了後すぐに「MOOCRES2期にぜひ参加してください」っていいましたしね(笑)

▼今田さん:そうですね、でもそれがもう半年前になるんですね。

超実践型と謳っているMOOCRESですが、実際入ってみてどうでしたか?

▼今田さん:私は今の仕事に掛け合わせるという目的があったのですが、本当にみんなゼロからのスタートで、実際に半年で動画制作でお金をいただいている人もいました。
最終的には学ぶ人次第ではありますが、ゼロからプロになるための環境はしっかりと揃っているとおもいます。

今後動画を活かしてどのように進んでいきたいとお考えですか?

▼今田さん:今のプロデュース業に動画は不可欠と思っているので、それに携わることに力を入れたいと思っています。
今できることとしては自分の仕事の中で映像自体を制作していかないといけないということが一つと、映像を作る過程というものを学んだので、それを活かしてより映像スキルのある人を 探して仕事依頼していくというのをしようと思っています。
何もわからなかった時は誰にどう頼むのか、相場はいくらなのかですらわからなかったので(笑)
それがわかった今はどんどん依頼していけると思います。

それMOOCRES生にしてあげてくださいよ(笑)

▼今田さん:え、いいんですか? というか、そうですね(笑)

2期のMOOCRES生で今田さんが最年長メンバーだったのですが、動画を学ぶか悩んでいる方に何かメッセージとかありますか?

▼今田さん:そうですね、私の場合必要に駆られてというのもありましたけど今の時代、動画というものを取り入れられなかったら仕事としては成り立っていかないと思っていて、そういう部分で緊張感はありましたがあとはやるかやらないかの話になります。
歳を重ねたとしても勉強ということがなかったら成長というのは見込めないですし、それはどんな仕事をしても同じだと思います。
はじめるのに早い遅いっていうものはないと思っています。

最後に2期生として卒業されますがこれから3期、4期と続いていく中で、動画を学びたいと思っている方にメッセージをいただけますか?

▼今田さん:勉強をすることで迷ったり困ったりする時がたくさん出てくると思うのですけれども、先ほども言ったみたいに、動かないと始まらないので止まっている時間は無駄になります。
とにかく近くにいる人に頼るということ、MOOCRESでいうなら桐山さんとかヨビさんですね。
周りに頼るということを恥ずかしがらずにどんどん頼っていくべきとおもいます。

素晴らしいコメント本当に嬉しいです!本日はどうもありがとうございました!

▼今田さん:こちらこそどうもありがとうございました。