ツインタワーを股にかけた男の動画学習物語

STUDENT DATA
未経験からマスターコースを受講
超実践型動画クリエイター養成スクールMOOCRESに国際的なビジネスマンが参加。講師陣公認『在学中最も稼いだ男』のMOOCRESでの学習秘話を伺ってみました。

では早速ですが簡単な自己紹介をお願いします!

▼辻本さん:辻本圭介と申します。
出身は奈良県で、今までは製造業の仕事をしておりまして、本当にMOOCRESに来る前までは動画とは全く違う仕事をしていました。
マレーシアで仕事をしたり、九州や関東で仕事をしたりと飛び回るのが好きで様々な場所で仕事をしていました。

なぜMOOCRESで動画を学ぼうと思ったんですか?

▼辻本さん:「友人の結婚式動画を作ったことが動画の勉強をしたいと思ったきっかけです。
私が作った動画を友人に見せたらもの凄く喜んでくれたんですね。
それがすごくうれしくて、自分の技術で何かを作りそれで人から感謝してもらうという素晴らしさに気づきました。
同時にこれからは個人のスキルで活躍していく時代とも感じていたので「動画を本格的に勉強しよう」という想いに至りました。
そんなとこにヨビさんのTwitterでMOOCRESの存在を知り応募しました。

あ、元々ヨビのTwitterフォローしてたんですね!?

▼辻本さん:いや、たまたまたリツイートで回ってきたんです。

Twitterホンマにすごいな(笑)
正直なところなんで大手の専門学校で学ぼうとは思わなかったんですか?

▼辻本さん:MOOCRESという6か月でプロの動画クリエイターを育成するスクールがあると知って、大手の専門学校よりも新しいコンセプトだし、ものすごく勢いがありそうだから選びました。

なるほどなるほど

▼辻本さん:私は2期生として参加したんですが、そういう新しいコンセプトで運営している、そして勢いがあるところに行きたかったです。
もちろん大手ならではの実績とかが心強く感じるかもしれないけど、それよりも少人数でみっちり教えてもらいたかったです。
少人数で密着型指導というのが自分にとって決め手となりました。

そこがウチの一番のウリですからね!他にもよかったなあと思ったところはありますか?

▼辻本さん:講師が動画制作業界の第一線で活躍されているところですね。
そこはすごく頼りになると思いました。

学費に関して迷いはなかったですか?
そこでね、やっぱり迷う人は多いと思うんですけど・・・。

▼辻本さん:確かに安くはない金額だとは思ったけど、自分が動画制作スキルを身につければ確実にペイできると思ったし、実際にMOOCRES側からもお仕事を紹介してもらって、どんどん学費を返していけました。

確かに辻本さんに関しては在学中に学費半分ぐらいペイされてましたもんね。
それで培った動画制作スキルが認められ東京の制作会社に卒業後すぐ就職するという・・・すごいですよね。
僕たちが口癖のように言っていた「僕たちを使い倒してください」をまさしく実践してフル活用されてましたからね。

▼辻本さん:いえいえ、やっぱりMOOCRESは半年間という学習期間だけではなく卒業後もサポートしてくれたり、就職先の紹介だったりもしてくれるので期間内だけの学費ではないということもやっぱりありますね。

確かに(笑)卒業後も生徒さんたちとしょっちゅう連絡してますもんね。
制作のチェックもしたりしてるし、卒業生はやっぱりスキルあるんで仕事頼んだりもしてます。
なので卒業後も学び続けれたり仕事をできたりするという意味では短期的な学費という部分だけではないですね。そこは大手の専門学校にはないところですね。

▼辻本さん:そうですね。

辻本さんは人間的にも動画に対する想いもすごく良かったので僕たちも安心して仕事を紹介できました。
実際リアルの仕事をしてみた価値はありましたか?

▼辻本さん:めちゃくちゃよかったです!
動画クリエイターのリアルの仕事を体験できることはもちろん、先生のサポートもありながら報酬もきちんといただけるというのは、他にはない価値でしたね。
本当に動画制作を学びなから、そのスキルで報酬を得ていける環境だなと感じます。

色々修正がかさみましたけどね(笑)確かに辻本さんにとってもすごく良い経験になったと思います。

▼辻本さん:いえいえ、こちらこそありがとうございます!
他にも同じように熱量持った仲間とやっていけるのがよかったです。
やっぱりどうしてもモチベーションが上がらないときもあるのでそういう時に横で頑張っている仲間を見ると自分もやらないと!ってなります。

2期生はみんなで勉強合宿をしてましたもんね。
実際本業をしながらMOOCRES通う人が多いと思うけどそのあたりはどうですか?

▼辻本さん:いけると思います。
でも自分が映像を通して何をしていきたいのかという思いがないといけないなとは感じます。

なるほど、では1日どれぐらい動画の勉強をしていましたか?

ピークの時は1日11~12時間してました(笑)

え!?すごいですね!受験勉強じゃないですか(笑)
いやでも、6か月でプロになるんならそれぐらいしないといけないですよね。
何か勉強するにあたって工夫してたことはありますか?

そうですね~。1回分からなかったところとかはメモするようにして 授業やチャットで先生にすぐに確認するようにしてました。

卒業後はどういうことをしていきたいですか?

▼辻本さん:まずはもっと動画編集スキルや撮影スキルをレベルアップしていきたいですね。
それが私自身の次のステップと考えていて制作会社への就職を決めました。
一人でもやっていける力を身につけ海外とかに行って働きたいです。

ありがとうございます!卒業後も頑張っていきましょう!

MOOCRESにはどういう人が向いてますかね?

▼辻本さん:やっぱり主体的に自分で考えて動ける人ですね。勉強はもちろん先生に分からないところは聞きまくるとか。

そうですよね~
やっぱりそういう人は僕たちも凄くサポートしていきたいと感じます。

▼辻本さん:あとは動画で何かやっていくんだ!という漠然とした想いでもいいので持っておくことですね。
そうすると講師の桐山さんとヨビさんがそこを掘り出してサポートしてくれます。

では最後に、これからMOOCRESに入ろうかなと検討している人に一言、 「もう一度過去の加入前の自分にメッセージを送るなら」なんて言いますか?

▼辻本さん:MOOCRES以外にもコミュニティに入っていくことですね。
MOOCRESで動画製作を学びながら、何か他に掛け合わせることができる情報を持っておくこと。
そうすると相乗効果でどんどん良い方向に進んでいきます。
そしてMOOCRESで培った技術で動画発信していく。
あとは迷っていても何も始まらないのでまずは体験会に足を運ぶだったり、とにかく手を動かしていくなど動いていくことがすごく大事だなあと感じます。

なるほど、辻本さん本日は貴重なお時間をいただき本当にありがとうございます!

▼辻本さん:ありがとうございました!